携帯決済携帯電話でショッピングができるのをご存知ですか?携帯電話の決済機能(キャリア決済)を利用して買い物をすることが、実はできるのです。そして、買い物をした商品を買い取る業者がいるので、買い物した商品を売ることができます。そのため、お金が欲しいという人は、この仕組みを利用して携帯電話の決済で買い物し、買い物をした商品を売ることで現金を得ることができます。これが、携帯決済現金化です。

携帯電話の支払いは翌月のため、買い物をして現金を手に入れた後に支払えば良いということになります。なお、携帯決済で購入するアイテムとしては、アマゾンのギフト券などが代表的です。


携帯決済現金化を利用できないケース

携帯決済がダメなケース携帯料金を支払っていない場合には、携帯決済現金化を利用できないケースがあります。遅れて合払った場合でも、すぐに携帯決済を利用できない場合があるので、注意が必要です。なお、携帯料金の支払いが遅れて請求書払いになっている場合には、注意が必要です。

ソフトバンクのガラケーの場合は、携帯決済を利用できません。ドコモ•auのガラケーの場合、携帯決済を利用できます。ソフトバンクのガラケーにて現金化する場合には、別途PC•タブレット•スマホなど他のインターネット環境での操作が必要となります。また、Yモバイルの場合も携帯決済現金化は利用できません。

auのauかんたん決済が使えないということは当然現金化もできません。auかんたん決済の枠がリセットされるのは、毎月1日です。auの携帯料金の支払日は通常毎月25日ですので、この期日の前日までに引き落とし口座に入金しておきましょう。

借入と現金化の違い

現金化と借入の違い現金化と借入は違うということをご存知でしょうか。まず、借入というのはお金の貸し出し業務をしている金融期間から融資を受ける事を言います。銀行や消費者金融を利用して現金を工面する事すべてを指します。「借入=融資」なのです。

銀行から借入をする場合、利息が低いというメリットがありますが、審査が非常に厳しいという事が最大の難点です。銀行は借入する方の返済能力を細かく調べます。特に都市銀行からの借入は難しく、信用金庫など地域密着型の金融期間の方が、融資は受けやすくなります。なお、消費者金融は審査が緩いものの、利息が高いのが特徴です。利息が知らぬ間に膨らんで返済が出来ないということの内容に気をつけましょう。

現金化には携帯電話の決済枠の現金化とクレジットカードの現金化があります。基本的には同じサービス内容なのですが、唯一異なる点としては利用できる限度額が違うという点にあります。クレジットカードの現金化の場合、限度額は個人の収入などによって異なります。

現金化と借入の違いで重要なポイントは「審査不要」という点です。借入に関して、銀行であっても消費者金融であっても、審査があります。しかしながら、現金化の場合は、購入した商品を売却するだけの手続きとなるため、審査そのものを行うこともありません。審査の有無が利便性に現れていると言えるでしょう。

 

サイト管理人:川下 元希

こんにちは。サイト管理人の川下 元希です。 携帯決済現金化を知るサイトKEITAI KESSAIについてサイトを運営しています。 連絡先:admin@inboundmarketer.in
  • サイト管理人

免責事項

WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。